仲介手数料に関して
住宅ローン・投資・住宅建築
不動産管理サービス
生活情報
留学WEBサイト
ゴールドコーストの魅力

2021年 1月 

12月12日より、ニュージーランド(NZ)からQLD州への入州制限が解除され隔離無しの入国が認められます。
現在隔離無しの入国を認めているその他の州はNSW州、西オーストラリア州及びノーザンテリトリーのみ。
しかしNZは、日本及び豪州を含む全ての外国人の入国禁止を継続したままであり、NZに入国するには事前に入国規制免除を受け、査証を得た上で、14日間の管理隔離が必要です。

QLD州は、11日よりNSW州に滞在している者がQLD州へ渡航する場合、QLD Border Declaration Pass(QLD入州許可証)の申請・入手が再度必要となります。州警察が州境における検問を設置しており、陸路で入州する場合、入州許可証を車に掲示。虚偽の申告は$4000 の罰金です。NSW州における新型コロナウイルスの市中感染拡大に伴い、19日シドニー大都市圏全域を感染多発地域(ホットスポット)に指定され、シドニーからQLD州へ入る場合には自己負担によるQLD州政府指定施設での14日間の隔離が必要となりました。

慌てたのはクリスマス休暇でシドニー大都市圏に滞在していたQLD州民で、22日(火)午前1時までにQLD州に戻った場合のみ、自宅における隔離を可能とする措置が出たので、以降の旅行をキャンセルし追加の飛行機代を支払ってでもQLD州に戻ってきたそうです。それでも隔離の自己負担額 $2500 /人より安く、しかもクリスマス、お正月を隔離されたホテルで過ごすよりはましということです。シドニー大都市圏の状況は芳しくなく、1月3日よりシドニーでは公共交通機関、ショッピングセンター、病院などでマスクが強制的着用義務となり、罰金は$200です。




2012年8月から 先月までのバックナンバー👈

↑ TOPへ