仲介手数料に関して
住宅ローン・投資・住宅建築
不動産管理サービス
生活情報
留学WEBサイト
ゴールドコーストの魅力

2021年 4月 

ブリスベンの病院に端を発する2つの市中感染のクラスターが発生し、ブリスベン大都市圏において3月29日より3日間のロックダウンとなりました。自宅を離れる際には常にマスクを携帯、公共交通機関、スーパー、ショッピングセンター、職場などでマスク着用。Qld州では初めての義務化で、マスクをしていないと入場を拒否されたり、警察官のアドバイスに従わないなど悪質な場合、その場で$200の罰金となります。
濃厚接触者1800人が在宅待機、感染者の行動からその時間その場所にいた33000人がPCR検査を受けました。幸いにもブリスベンのロックダウンは4月1日に解除となりましたが、マスクの着用義務は15日まで延長されました。ブリスベンで感染した人がゴールドコースト11か所に立ち寄っていたことも明らかになり、一時はゴールドコーストのロックダウンも検討されたようですが、2日から始まるイースター・ホリディを前にして、何とか回避できたようです。レストランなどのビジネスは2㎡あたり1人という密度制限で、入場者数が限られています。

3月20日から21日の豪州東南部一帯における豪雨でシドニーでは川の氾濫、家が流されるなどの被害が発生し、1万8000人に避難命令が出されました。100年に一度の水害と報道されたシドニー北西部の地域は長く干ばつに苦しめられた地域で、一昨年から昨年の初めにかけて大規模森林火災が起きていた地域なので、非常に気の毒に思います。
ゴールドコーストの水がめハインズダムも満水となり、ローガン地域で24時間で240ミリ、ローガンリバーが増水し24時間に250件もの救急支援の電話があったそうです。ゴールドコーストでは47の道路が冠水し通行止めとなり、周辺地域の24校が休校となったそうです。
        豪雨の後Gold Coastは雲一つない快晴となりました。(Bonoginより撮影)


2012年8月から 先月までのバックナンバー👈

↑ TOPへ