仲介手数料に関して
住宅ローン・投資・住宅建築
不動産管理サービス
生活情報
留学WEBサイト
ゴールドコーストの魅力

2018年 3月 

冬のオリンピックの興奮がまだ冷め切らない私たちですが、オーストラリア人はすでに4月4日から15日までゴールドコーストで開催されるCommonwealth Game に関心が移っています。このイベントは日本の方にはなじみは薄いですが、世界中で15億人がTVで観戦するそうです。(F1のレースは世界で4億人が観戦)イギリス連邦のオリンピック、あるいはアジア大会のような位置づけです。

現在海外観光客が85万人訪れるゴールドコーストに、この2週間で71か国から6600人の競技者と関係者、その他11万7,000人の訪問客を予想しているそうです。競技は陸上、水泳、体操など23種目。珍しい種目はスカッシュ、ローンボール、マウンテンバイク、ネットボールの競技など。参加国は陸上の強いジャマイカ、ケニアやナイジェリアなどのアフリカ勢、カナダ、ニュージーランドなどです。ボランティアは1万5000人を予定。
その経済効果は20億ドル(約2000億円)と言われています。2020年の東京オリンピックの経済効果1兆円(予想)には及ばないものの、ゴールドコーストにとって最大のイベントです。街中でイベントも予定されています。

QLD不動産協会の資料によりますとゴールドコースト(GC)の平均住宅価格は60万6000ドルで昨年比7.3%の上昇だったそうです。(特にマーメイドビーチでは昨年比 9.9%の上昇で153万ドル。)最新のブリスベンの住宅平均価格はGCより5万4000ドル高いだけなので、GCの上昇が今後も続くなら、近くブリスベンの価格を上まわる日も来るだろうと予想されています。実際 1980年代はゴールドコーストの住宅価格の方が高かったのです。

  
↑クリックして拡大
オーストラリア期待のスィミングではサウスポートのオリンピックプール横に巨大な観客席が作られました。

↑ TOPへ